引越しの準備と当日の注意点

"引越し中には、貴重品や掃除用具などのすぐ使用するようなものに関しては、業者に頼らずに自分で運びましょう。
どんなに小さな荷物でも退去をする部屋や新居に傷を付けてしまうこともあるので、注意をしながら素早く作業を進めていくようにしましょう。

 

引越しをする時には、まずは普段の生活では使わないものから早めに整理をしていくようにしてください。
引越しをする時にゴミを持っていくワケにはいきませんので、指定された日にしっかりとゴミ出しをしておき綺麗な状態で引越しをすることが大切です。
引越しを業者に頼もうと思っているのでしたら、早めに見積もりをもらっておくようにしましょう。
退去をすることを管理会社や大家さんに伝え、また電気やガスなどといったライフラインも手続きも早目に行なっておきましょう。"



引越しの準備と当日の注意点ブログ:2019-9-15

厳しさとやんちゃさを兼ね備えたパパ、
そして、穏やかな、どこかお茶目な母親の元で
あたしは育ちました。

家には、色紙に書かれた家訓ならぬ、
パパのお気に入りの言葉が書かれた色紙が
所狭しと家の壁に貼られていました。

たくさんのことを子供に残したかったパパ。
パパの教えや決まりごとの意味は、そのときは難しくて分からなくても、
大人になるにつれて理解できるようになっていました。

だけど、一つだけわからないものがありました。

「1食2膳」
食べる事1食につき、ごはんを2杯以上食べなさい…
というものでした。

「残さず食べなさい」という躾もありましたが、
それに追加して、なぜ「1食2膳」?

体型などが気になるお年頃の時期は、
とても嫌な決まりごとだったのです。

むしろ、ごはんをお茶碗半分にしたい…
そう感じたことも何度もありました。

ごはんを2杯食べないことが見つかろうものなら、
不機嫌になるパパ。
「お前らがしっかり食べないと、働いている意味がないだろう!」
「そんなことなら、働かんぞ!」

なんで、機嫌が悪くなるの?
だからって、どうして働かなくなるの?
当時のあたしには、怒られていることに気をとられて、
パパの思いが分かりませんでした。

しかし、少し巻き戻してみると
答えは明らかでした。

パパは、あたしたち家族がたくさん食べることで、
働く意味を感じてきた人だったのです。

なので、
あたしたちが食欲のないときには、
働く意味を感じられなかったのでしょう。

パパも母親も戦後間もない頃に生まれ育ったので、
その時代背景を考えれば、
今のように飽食の時代ではありませんでした。

だからこそ、
家族に充分にごはんを食べさせることが家族の幸せであり、
パパにとって意味あることだったのですね。