物件の下見で確認するべきこと

物件の下見で確認するべきこと


物件の下見で確認するべきこと
"部屋にコンセントの位置や数に不足等は無いでしょうか?さらに、電気を多く使う人は、契約容量のチェックもしておきましょう。
建物自体が古いと容量が低くなっている可能性もあるので、事前にしっかりと確認をしておきましょう。

現地調査におきましては部屋の実際の長さを計測し、間取り図にメモを残しておくと良いでしょう。
引越し当日に家具の配置を決めるのではなく、このメモを参考にして事前に決めておくようにしましょう。
物件の下見におきましては、まず最初に部屋を一通り見て、汚れや設備などに破損が無いかを入念にチェックしてください。
このチェックの段階で傷等が見つかった場合には、入居までに修復をしてもらう必要があります。"



物件の下見で確認するべきことブログ:2020-4-02

ボクはパパ大好きっ子です。
もし、親に相談することがあれば、
相談は母ではなくパパにするくらいです。

そんなパパは
どちらかと言うと世話好きなおばちゃんって感じで、
いつも人の心配をしているような人です。
それでいて、無邪気で、でも男の背中も見せてくれます。

普段は甘えん坊で、
天然ボケみたいなところもありますので、
どちらかと言うと邪険に扱っております。

…が、そんな愛すべきキャラの
パパの強さと悲しさを見たことが何度かあります。

それは祖父が亡くなった時のこと。
ボクが幼稚園のときでした。

当時のボクは
パパの置かれていた環境は知るはずもありませんが、
その時パパは
「泣いていない」のに「泣いて」いました。

祖父は心臓病だったのですが、
ボクたちは、運良く死に目に会うことが出来ました。

なぜ、運良くかといいますと、
パパと祖父は仲たがいをして
長いこと会っていなかったからです。

パパと祖父が和解したのは、
祖父が亡くなった時なのです。
ボク自身も祖父に会ったのは、その最後の1、2回だけです。

最後の最後で自分のパパと分かり合えたのに、
これで永遠のお別れなんて…

でも、男として涙をこらえていたんでしょうね。
子どもながらにひしひしと感じるんです。
この人の心は泣いているなって。号泣してるなって。

その時、
とりあえず子どもたちは外にいなさいと言われたのですが、
その悲しみの大きさを感じて、返事も出来ずに何も言えずに、
ボクは固まっていました…

人はこんな時、
誰でもそんな風にしてしまうのかもしれませんが、
ボクは父の中に大きさを感じました。

物件の下見で確認するべきこと

物件の下見で確認するべきこと

★メニュー

重要な予算と間取り、そして場所
設備や条件なども予め要チェック
入居審査を経て賃貸契約
引越しの準備と当日の注意点
物件の下見で確認するべきこと
重要な交通便と安全性の確認
良い対応をしてくれる不動産屋を選ぼう
設備のトラブルは管理会社へ連絡
不動産屋の担当者と顔見知りになろう
賃貸物件の管理が行き届いているか確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)間違いの無い正しい賃貸情報配信中