物件の下見で確認するべきこと

物件の下見で確認するべきこと


物件の下見で確認するべきこと
"部屋にコンセントの位置や数に不足等は無いでしょうか?さらに、電気を多く使う人は、契約容量のチェックもしておきましょう。
建物自体が古いと容量が低くなっている可能性もあるので、事前にしっかりと確認をしておきましょう。

現地調査におきましては部屋の実際の長さを計測し、間取り図にメモを残しておくと良いでしょう。
引越し当日に家具の配置を決めるのではなく、このメモを参考にして事前に決めておくようにしましょう。
物件の下見におきましては、まず最初に部屋を一通り見て、汚れや設備などに破損が無いかを入念にチェックしてください。
このチェックの段階で傷等が見つかった場合には、入居までに修復をしてもらう必要があります。"



物件の下見で確認するべきことブログ:2020-2-11

子どもがどうして近視になるのかというと、
それは脂肪不足に原因がある。

視力を向上させていくためには
ビタミンAが有効なのだが、
このビタミンAは脂溶性なので、
体質内の脂肪が不足すると、
それにつられてビタミンA不足に陥って、
近視になってしまうのである。

子どもは脳を発達させるために、
脂肪を優先的に脳に回すので、
食事において脂肪が少ないと、
途端に脂肪不足に陥ることになる。

たとえ脂肪を摂取しても、
子どものおやつにおやつを与えていると、
脂肪の吸収を阻害してしまい、
脂肪を取っている筈なのに脂肪不足になる。

おやつを食べる子どもほど
近視になっていることが多いが、
これはおやつのために
脂肪の吸収が阻害されたからなのである。

また
視力は四六時中使用されるので、当然疲労する。
その疲労を取るのが、ビタミンB2なのだが、
このビタミンB2の天敵は、実は水である。

子どもが喉が乾いたからといって
水を飲み過ぎていると、
体質内のビタミンB2が奪われて、
視力が低下してしまう。

この手の子どもは元気がないものだが、
水をガブ飲みしているから、
体質内にビタミンB2が決定的に不足しているのである。

子どもの目というのは、実はストレスに非常に弱い。
冷たい飲み物を飲み過ぎていると、
体質にストレスがかかり、腎臓が傷んでしまう。

子どもに飲み物を与える時は
絶対に冷蔵庫で冷やした物を与えるのではなく、
常温の物を出すか、温めた物を出すようにすべきなのである。

精神的なストレスでは、
「強圧的な親子関係」が
子どもの腎臓を傷めてしまい、
視力を下げてしまうことになる。

実際、近視になる子どもの多くは、
ママがあれやこれやと非常にうるさいケースが少なくない。
物件の下見で確認するべきこと

物件の下見で確認するべきこと

★メニュー

重要な予算と間取り、そして場所
設備や条件なども予め要チェック
入居審査を経て賃貸契約
引越しの準備と当日の注意点
物件の下見で確認するべきこと
重要な交通便と安全性の確認
良い対応をしてくれる不動産屋を選ぼう
設備のトラブルは管理会社へ連絡
不動産屋の担当者と顔見知りになろう
賃貸物件の管理が行き届いているか確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)間違いの無い正しい賃貸情報配信中