入居審査を経て賃貸契約

"物件の審査に「かかる日数の目安としましては1週間から10日程度ですが、もっと早く審査結果がわかることもあります。
この審査に合格をすることで、次は契約となりますので、引越し準備を本格的に進めていきましょう。

 

大家さんが審査を行う時には、不動産会社の人の意見も聞きつつ審査が進められていきます。
そもそも不動産屋というのは大家さんの代理で物件を紹介しているワケですから、悪印象を与えることのないようにしましょう。
賃貸物件への申し込みをする時には、まずは大家さんが入居希望者の審査を行うこととなります。
「この人だったら安心して部屋を貸すことが出来るな」ということをこの審査によって大家さんが判断をすることになるのです。"



入居審査を経て賃貸契約ブログ:2020-4-03

おいらは、ダイエットのために食事にも気を付けて、
運動も頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然運動などはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事のダイエットまでお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰で運動ができない」ことと
「ダイエット」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰で運動できない」=「ダイエットできない」
と考えてしまい、その結果
「食事のダイエットもやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事と運動に頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
ダイエットをやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、ダイエットなんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「ダイエットなんて体を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱりおいらはダイエットなんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度とダイエットをやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、ダイエットしていたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任をダイエットに押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!